様々な角度から「マンションの資産価値」を考える

Value of The Residence

世田谷区 玉川

「ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜」

更新日:

一国の都が、世界都市ランキング上位に食い込む礎となった自然条件に「恵まれた地質」があるだろう。強固な地盤「武蔵野台地」と上質で豊かな湧き水がもたらした「神田上水」等上水道整備が都市繁栄を促した。この恵まれた地理的要因を景観として今に残す一例が「国分寺崖線」である。世田谷は「瀬田」「岡本」「玉川」がその一画にあたる。風致地区として保全された環境は、かつては富裕層の別荘地として人気を博した。現在は落ち着いた住宅街として継承されている。

高台地で形成される「瀬田」や「岡本」は「五島美術館」や「静嘉堂文庫」といった由緒ある文化施設が風格を助長するならば、商業施設の増強著しい「玉川」は南部に超高層マンション、北部に低層住宅街が広がる利便に長けたゾーンといえる。いずれも微妙に個性異なる地域が近接し合うが、マイホーム候補地としての人気度に相異はないだろう。

さて、その「玉川」北エリア「玉川高島屋S・C」から徒歩7分の場所に、このほど地上3階建ての低層マンションが竣工した。

続きを読む

 

 

-世田谷区, 玉川

Copyright© Value of The Residence , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.